« 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 清水戦 »

2017.05.15

参戦の記録 アウェイ 新潟戦

明治安田生命J1リーグ 第11節
2017年5月14日(日) 14:03キックオフ・デンカビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟 1-6(前半1-5) 浦和レッズ
得点者:2分 鈴木武蔵(新潟)、6分 武藤雄樹、20分 興梠慎三、31分 槙野智章、43分 OWN GOAL、45+1分 関根貴大、47分 遠藤 航
入場者数:30,864人
審判:池内明彦 
天候:晴
交通手段:車

日曜日昼開催ということで前日入り。

雨の中、出発。
関越道 東松山から湯沢まで。

恒例のへぎそば昼食、今回は湯沢駅前の中野屋本店。
12時半到着で18組待ち。30分チョイ待ちで入店。年1回のへぎそばを舞茸天と山菜天と共に堪能。

関越トンネルを越えたら雨は止み天気は回復の方向。
新潟を目指す途中で巻潟東で降りて角田山のふもとのカーブドッチワイナリーへ。
新潟で日本酒ではなくワインを土産に買う。

新潟へは高速ではなく、海沿いの国道402号線で。午後5時にスタジアムにタッチして古町へ。
ホテルにチェックインし、予約しておいた居酒屋へ。ここに行くのが前日泊した理由。
海のものを日本酒と共に堪能。翌日の本来目的を忘れそう。

試合当日は朝ラーでスタート。
第4駐車場にキックオフ3時間前に入庫し待機列へ。

前日の曇り空から一転、爽やかな快晴。
日なたはかなり暑そう。

アウェイ側の席割りが変わったのか、ゴール裏は1/3がホームエリアに。

先発は
GK 西川
DF 宇賀神、遠藤、槙野
MF 駒井、柏木、阿部、関根、武藤、興梠
FW Rシルバ

出場停止の森脇の位置に宇賀神が入り駒井が右、関根が左という布陣。
怪我でリーグ戦を欠場していた柏木と遠藤が復帰しセンターラインは充実。

サブは榎本、那須、矢島、高木、李、ズラタン

・連敗を止めたいので慎重に試合に入りに行くが、序盤から飛ばしてくる相手に対応しきれずバタつく。
・西川のパントをカットされ、ショートカウンター気味に攻められ浅い角度からのクロスを遠藤が競り負けループのヘディングを決まられる。わずか2分。
・押せ押せで来る相手を失点以降は受け止めて、徐々に落ち着きを取り戻す。
・5-4-1で相手が自陣にブロックを作るようになったら反撃開始。
・サイドの追い込みが緩く、ラインの背後のケアも甘い。
・右サイドからの崩しでファーへの走り込みで武藤、興梠が得点し、試合をひっくり返す。
・セットプレーからの得点が少ない浦和にセットプレーから2失点する新潟の守備ってどうなのよ。
・FKから槙野で3-1。
・ラファが痛み高木に交代。ちょっと心配。
・CKから大谷のOGで4-1。
・ロスタイムにもカウンターから関根が決めて5-1。おやおやの序盤からは考えられない展開に。
・後半もいきなりCKから遠藤が自らのこぼれを蹴り込んで6-1。
・何点取るのと思ったが、ここで打ち止め。
・59分 柏木→青木。怪我明けの柏木をケア。
・68分 宇賀神→李。阿部ちゃんストッパー、武藤がボランチというあまりお見かけしない布陣に。
・疲れとなれない布陣からか相手にシュートを打たれる回数が増加。
・バーの助けも借りて追加失点は許さず。

終わってみれば順位が示す通りの結果に。ただ、序盤のバタつきが強印象で快勝感はなし。

駐車場はすんなりOUT、新潟亀田ICまでの迂回路も順調。高速も順調で渋滞にははまらず東松山で流出。
午後8時半過ぎには自宅着。

お土産は勝点3とワインと越後川口SAで買った笹団子。

選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:2003ホーム9

|

« 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 清水戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/65282258

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 新潟戦:

« 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 清水戦 »