« 参戦の記録 ホーム 清水戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 柏戦 »

2017.06.05

参戦の記録 ACL R16 ホーム 済州戦

AFCチャンピオンズリーグ2017 ラウンド16 第2戦
2017年5月31日(水) 19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ (前半2-0 後半0-0 延長前半0-0 延長後半1-0) 済州ユナイテッドFC
得点者:18分 興梠慎三、33分 李 忠成、114分 森脇良太
入場者数:19,149人
審判:リュウ・クォックマン(香港) 
天候:晴
交通手段:バス

0-2のビハインドで迎えたホームでの第2戦。
ゴールを奪われず2点を取ることが90分での最低ノルマ。

ミッションが明確になった時のチームの集中力に賭ける。

浦和からシャトルバスでスタジアムへ。
渋滞ポイントの太田窪北と花月の交差点はスムースに通過。30分でスタジアム着。

地粉うどんをやめて久しぶりに味千で腹ごしらえ。

先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 駒井、柏木、阿部、関根、武藤、李
FW 興梠

宇賀神が体調不良で左に関根、右に駒井という布陣。

サブは榎本、那須、梅﨑、青木、矢島、高木、ズラタン。

・有利な立場の済州は1-4-5の布陣で受けてカウンターの構え。
・初戦の反省を活かし、中盤と最終ラインの距離感を大事に押し上げ気味のポジションでボールを回し好機を探る。
・無理は禁物なので、大事に大事にサイドから攻める。カウンターは受けないが、堅い展開が続く。
・左で武藤がファールを受けセットプレーのチャンス。柏木のFKを興梠が頭で右ポストからゴール内に入れて先制。18分。
・まず、一歩前進。
・展開は変わらないが、より相手が守備を意識。かなり押し込む展開。
・34分、ペナ周りの攻守の切り替えの欧州から興梠→李と展開し、李が左からタイミングよくGKの脇下を抜いて2-0。
・追いつくがアウェイの相手が有利な展開は変わらず。
・ここから大事なのは点を取られないこと。慎重にリスクマネジメントをしながら試合を進める。
・後半に入っても堅い展開。
・70分 李→青木。中盤のボール奪取力を補強。
・76分 駒井→高木。惚れ惚れするような集中力とカバーリング、後半に入っての変態チックなドリブルで相手をチンチンにするも足が攣って交代。
・関根が右に回り左に高木。
・疲れの出てきた相手に荒いプレーが多くなる。81分にCBが2枚目の黄紙で退場。
・最良の展開は時間が押し迫った時の3点目。ロスタイム終了間際のCKは不発で延長戦へ。
・これでアウェイゴールルールはなし。展開としても先に点を取った方が有利に。
・延長の入りにゴール裏で「歌え浦和を愛するならば」。
・100分 関根→ズラタン。運動量の落ちた関根を下げ、前線に高さを追加。
・阿部ちゃんが右のストッパーに下がり、柏木がもランチに戻る。森脇を高い位置に上げる。
・延長後半も終盤、フリーで球を持てるが精彩を欠いていた高木が左でキープし、持ち替えて右足でクロス、興梠の頭より前を通過したボールはファーで待つ森脇の足元へ。
・ついに相手よりも前に出る。残りは6分。
・上手に時間を使う。負けを自覚した相手が勝負とは無関係の乱行。
・真に受けなかったうちの選手は立派。不可解なズラと武藤のカードは??
・いくら暴れようがうちの勝ちは動かない。

難しいミッションを最高の形で完成させた選手には心から拍手。

家に帰って深夜2時まで試合を振り返りながら祝杯。

選手ユニ:ホーム(ACL)
自分の服装:プラクティスシャツ2014

|

« 参戦の記録 ホーム 清水戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 柏戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/65372978

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ACL R16 ホーム 済州戦:

« 参戦の記録 ホーム 清水戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 柏戦 »