« 参戦の記録 アウェイ 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯2回戦 盛岡戦 »

2017.06.19

参戦の記録 ホーム 磐田戦

明治安田生命J1リーグ 第15節
2017年6月18日(日) 18:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-4(前半1-1) ジュビロ磐田
得点者:36分 大井健太郎(磐田)、43分 阿部勇樹、56分 阿部勇樹、68分 アダイウトン(磐田)、74分 松浦拓弥(磐田)、80分 松浦拓弥(磐田)
入場者数:34,766人
審判:廣瀬 格
天候:曇、雨
交通手段:車

中断明け、ホームの磐田戦。

中尾のリンガーハットからヤオコーで買い物というルートでスタジアム入り。

水色の人たちは雨を呼ぶ。
入場後にはほどなく降り出す。

先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、武藤、李
FW 興梠

サブは榎本、那須、青木、駒井、高木、Rシルバ、ズラタン

雨で出足は悪かったが、悪天候の割にはそこそこ埋まって入場者は35,000人弱。
でも、試合の内容が...。

・前週の筑波大学とのトレーニングマッチでもトップチームが機能していなかった。
・しっかりとブロックを作って守られると前への推進力が無くなり迫力が出ない。
・長いボールで背後を狙うも、しっかりとラインをコントロールされオフサイド連発。
・こちらのショートカウンターを警戒して、相手の攻めはサイズのあるFWにロングボールを当ててセカンドを狙う戦い。
・前線の守備がはまらずペースが上がらない。
・ただ、相手の攻め手もそんなにはなく、セットプレーが怖いくらい。
・焦れずに機会を狙うという戦い方は、アウェイならできるがホームではできないのが浦和のつらいところ。
・特に相手が明らかに格下の場合。
・方向性の定まらない試合でミスから失点。遠目のFKをクリアに出た西川が触れず、ゴールへのルーズなハイボールを無人のゴールに押し込まれる。
・この失点はすぐにCKからの阿部ちゃんのヘッドで取り返す。
・後半、気持ちを入れ直し相手をペナ内に押し込み、その時間帯で阿部ちゃんの突破から逆転したところまでは上出来。
・58分 宇賀神→駒井。中東に行っていた三人はやはり重そうで、運動量の求められる再度は交代。
・61分 李→ラファ。3点目を取りに行く。
・その後も押し込む展開が続いたところ、CKのこぼれがカウンターとなる。飛び出した西川がクリアーしきれず跳ねたボールが自ゴールに向かう不運。
・運もないが、飛び出しの判断が一瞬に鈍ったミス。GKが重要な判断を2回も誤ると試合が崩れる。
・息を吹き返した相手に左を見事に崩され再逆転を許す。
・79分 関根→ズラタン。
・焦りの見えるチームに試合を作り直す気力が残っていない。
・カウンターから再度失点し万事休す。

チームのコンディションがメンタルも含め明らかに落ちている。
昨年もこの時期、鹿島、ガンバ、広島と連敗だった。

メリハリをつけた戦い方が必要。
一つ勝てば落ち込んだ心理は好転する。

どうきっかけを掴むかだな。

選手ユニ:ホーム
自分の服装:レインジャケット

|

« 参戦の記録 アウェイ 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯2回戦 盛岡戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/65431203

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 磐田戦:

« 参戦の記録 アウェイ 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯2回戦 盛岡戦 »