« 参戦の記録 Jワールドチャレンジ ドルトムント戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 札幌戦 »

2017.07.31

参戦の記録 アウェイ C大阪戦

明治安田生命J1リーグ 第22節
2017年7月22日(土) 19:04キックオフ・ヤンマースタジアム長居
セレッソ大阪 4-2(前半4-2) 浦和レッズ
得点者:6分 杉本健勇(C大阪)、8分 杉本健勇(C大阪)、18分 ズラタン、27分 山口蛍(C大阪)、35分 丸橋祐介(C大阪)、45+1分 ラファエル シルバ
入場者数:32,711人
審判:扇谷健司 
天候:晴
交通手段:電車

スルガ銀行カップの都合で8月から7月にずれたセレッソ戦アウェイ。
当日入り後泊の行程。

ぷらっとこだまでグリーン車。朝6時56分発こだま633号。10時50分新大阪着。

試合まで相当時間があるので神社めぐり。
堺の大鳥神社、

住吉大社、

阿倍野神社と巡り、玉出の会津屋本店でたこ焼き&ビール。

西本町のホテルにチェックイン。せんば心斎橋筋商店街の味万、カレーうどんで腹ごしらえ。

先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 関根、阿部、柏木、宇賀神、興梠、Rシルバ
FW ズラタン

サブは榎本、那須、梅崎、長澤、駒井、武藤、高木

昼の暑さが残る中、キックオフ。

・暑い中、序盤から相手がハイプレスをかけてくるのを受け止めきれず。
・左サイドを深い位置まで抉られ、折り返しの角度が変わったところをDFの間に進入していた杉本に難なく決められる。
・タイトな守備という言葉とは無縁な失点。守備が立て直せていない。
・すぐ後に、柏木のミスパスから対応が後手に回り、クロスを杉本に頭で叩き込まれ8分で0-2。
・一息ついた感のある相手にようやく反撃。前3枚で崩し最後はズラタンが決めて1-2。まだ20分前。
・ここでもう一度しっかりセットし直してソリッドに戦えれば道は開けるのだが耐えられない。
・山口に寄せが甘くミドルを決められ1-3。ゴール前のミスの連続から丸橋に決められ1-4。
・負のスパイラル。
・前半終了間際にラファがシュートをねじ込み2-4で折り返し。
・HT 森脇→那須、宇賀神→駒井。遠藤を右のストッパー、駒井右、関根左。
・3点差と余裕のある相手は引いてくる。
・両サイドから崩しにかかりCK多数も高さのある相手に決定機は作れない。
・山村を低い位置に置き5バックで逃げ切り体勢に入る相手。
・83分 関根→梅崎。
・互いに暑さにより消耗。攻めにキレが無くなり低調な攻撃に終始。
・カウンターによる失点が怖いのかもしれないが、リスクを冒さなければ得点は転がり込んでこない。

気持ちの空回り、100%闘えていない選手が見受けられる。力を一つの方向に集中できていない。
重症だ。

選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:プラクティスシャツ2014

遠征の記録

7/23

ホテルを出て歩いて市内神社仏閣巡り。

坐摩神社

難波神社

生国魂神社

四天王寺から、定番の八重勝での串カツ。

動物園前から日本橋経由で近鉄で枚岡まで。
枚岡神社

枚岡から鶴橋~大阪経由で新大阪。
15時53分発こだま670号。19時47分東京駅着。

|

« 参戦の記録 Jワールドチャレンジ ドルトムント戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 札幌戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/65604963

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ C大阪戦:

« 参戦の記録 Jワールドチャレンジ ドルトムント戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 札幌戦 »