« 参戦の記録 スルガ銀行チャンピオンシップ シャペコエンセ戦 | トップページ | 参戦の記録 ACL QF アウェイ 川崎戦 »

2017.08.23

参戦の記録 ホーム FC東京戦

明治安田生命J1リーグ 第23節
2017年8月19日(土) 20:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1(前半2-1) FC東京
得点者 17分 興梠慎三、22分 橋本拳人(FC東京)、30分 興梠慎三
入場者数 31,818人
審判:廣瀬 格 
天候:雨
交通手段:車

梅雨明けしてから夏らしい天気がやってこない関東の夏。

この日の予報も夕方に雷雨。
ボーイズマッチの後半に雷鳴が轟き、5分早く終了。
その後に激しい雷雨に見舞われる。

ウォーミングアップの始まる時間になっても雷雨は続き、キックオフは35分繰り下げ。
それでも雷雨は収まらず、結局約1時間繰り下げの午後8時キックオフに。

先発は
GK 西川
DF 遠藤、マウリシオ、槙野
MF 駒井、柏木、阿部、菊池、李、武藤
FW ズラタン

サブは榎本、田村、平川、青木、矢島、Rシルバ、ズラタン

マウリシオがリーグ戦初先発。久々のKLM。水曜日のACLも念頭に置いたスタメン構成。
怪我明けの青木が久々にサブで名を連ねる。

キックオフ時、雨は小降りに。

・相手は3-5-2の布陣。高萩をアンカーに置いて組み立ててくるが、戦い方はかなり守備的。
・カウンター狙いなのだろうが、前線に速さはなくさほどの脅威は感じない。
・マウリシオが入った最終ラインは安定感あり。小まめにラインをコントロールし、下がりすぎを防ぐ。
・17分に右からの崩し、駒井のクロスを武藤が落とし興梠がダイレクトでシュート。怪しげなGKの動きにも助けられゴール。相性の良さを感じる。
・早い時間の先制で一息ついた感が出てしまい、左サイド裏への侵入を許しあっさり同点にされる。
・ここでガタガタと崩れないのが堀体制。守備の約束事を再確認する戻るべきベースがあるんだろう。
・30分にはKLMで中央を崩し、興梠のシュートはまたもや怪しげなGKの動きにも助けられゴールへ。リードを保って折り返す。
・後半は雨脚が強まる。ガスは前田に代えてウタカを投入。しかし、なんで始めから出てないんだ。
・永井、中島と攻めの駒を逐次投入してくるが、守備は安定。
・CKの守備も安定し、守りの中で自らプレーを切る選択肢も生まれる好循環。
・66分 柏木→青木。水曜日のACLを見据えた交代か。ここ数試合、柏木のコンディションが上がってきている。久々の青木はやはり安定感。
・71分 興梠→Rシルバ、79分 武藤→矢島。矢島はシャドーでプレー。
・その矢島がペナ内に侵入して撃ったシュートはポスト直撃。
・ルーズボールを高萩がロングシュート、これは枠角に当たり肝を冷やす。矢島のシュートとあいこか。
・終盤は上手に時間を使い2-1のまま逃げ切り。

1時間繰り下がっただけなのだが、異様に長く感じた試合だった。

選手ユニ:ホーム
自分の服装:プラクティスシャツ2014

|

« 参戦の記録 スルガ銀行チャンピオンシップ シャペコエンセ戦 | トップページ | 参戦の記録 ACL QF アウェイ 川崎戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/65700657

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム FC東京戦:

« 参戦の記録 スルガ銀行チャンピオンシップ シャペコエンセ戦 | トップページ | 参戦の記録 ACL QF アウェイ 川崎戦 »