« 参戦の記録 ACL QF ホーム 川崎戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯4回戦 鹿島戦 »

2017.09.19

参戦の記録 アウェイ 磐田戦

明治安田生命J1リーグ 第26節
2017年9月17日(日) 16:03キックオフ・エコパスタジアム
ジュビロ磐田 1-1(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 21分 ムサエフ(磐田)、79分 興梠
入場者数 23,783人
審判:山本 雄大 
天候:曇
交通手段:車

 

ACLの激闘から中三日のアウェイ磐田。
台風18号の進路次第では開催が危ぶまれる状況。
前日泊の行程は急きょ変更し、日帰りでの行程に。

6時半前に自宅発。
環八から第三京浜、保土ヶ谷バイパス経由で横浜町田IC。
新東名から清水で東名に回り菊川まで。
台風来襲で出かける物好きは赤者のみという感じで道路はいまだかつてなく空いている。

早目の昼食は菊川のさわやか菊川本店で。
混み合う前の到着で無事、一巡目に着席。肉を食って元気をつけて参戦モード。

同時刻にアリーナでコブクロのコンサートがあり、前回駐車したNSKの駐車場はコンサート対応。
通りを挟んだ東側の戸建群の中の民家軒先駐車場1,000円に駐車。

道中はかなり雨の激しいところもあったが、遠州に来たら青空も見える天気。
ただ、東寄りの風がかなり強い。

先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、マウリシオ、槙野
MF 青木、武藤、矢島、平川、高木
FW 興梠

サブは榎本、梅崎、柏木、長澤、阿部、菊池、ズラタン

3試合続けての4-1-4-1布陣。天皇杯を控え、柏木、阿部を温存。

青木とマウリシオのちゃんとお披露目。アウェーの恒例。

・前半は風下でスタート。
・相手3バック両脇を中心に裏に抜ける動きとそこへのパスが目立った前半。
・ただ、ことごとくオフサイド。でも繰り返して相手を下げて疲れを待つ。
・攻勢の中、セットプレーで失点。俊輔のFKを警戒しすぎて西川が飛び出せなかった。セットプレーでの失点が目立つなぁ。
・前半にハードな激突のあった平川→梅崎。
・前半は左サイド主体だった攻撃。後半は右サイドが活性化。
・前半の失点が磐田の守備的な戦い方に拍車をかける。ACL激闘の疲れも後半には見え隠れする。
・68分 矢島→ズラタン。前線に高さをプラス。興梠が1列下がる。
・ハーフコートに押し込む展開から中央を青木→興梠と浮き球のスルーで繋ぎ、ヘッドで同点。
・順位を考えると勝点3は必要。時間はまだある。
・88分 高木→菊池。スピードを加える。久しぶり出場の菊池は少し力が入りすぎか。
・前掛かりの中、カウンターを受けるも西川の好セーブで決勝点は許さず。

反撃のタイミングが遅く、決勝点は奪えず。
内容を考えると勝点がもう二つ欲しかった。

帰りの道路もすこぶる空いていて順調。3時間半ほどで帰宅。

選手ユニ:赤・白・黒
自分の服装:プラクティスシャツ2014

|

« 参戦の記録 ACL QF ホーム 川崎戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯4回戦 鹿島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/65813249

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 磐田戦:

« 参戦の記録 ACL QF ホーム 川崎戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯4回戦 鹿島戦 »