« 参戦の記録 ルヴァンC-PO2 ホーム 甲府戦 | トップページ

2018.07.14

参戦の記録 天皇杯3回戦 松本戦

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 3回戦
2018年7月11日(水) 19:03キックオフ・松本平広域公園総合球技場
浦和レッズ 2-1(前半1-1) 松本山雅FC
得点者 10分 永井 龍(松本山雅)、42分 マウリシオ、85分 マウリシオ
観客者数 12,077人
審判:柿沼 亨      
天候:曇
交通手段:車
参戦者:N、K

ワールドカップ期間中だが天皇杯。
3回戦はカテゴリーが下のチームの地元開催が原則のようで、あまり相性の良くないアルゥインでの平日開催。

半休を取り、午後出 深夜帰りの行程。

2時に出発し東松山ICで関越道に乗り北上、上信越道経由で塩尻北IC流出が6時前。
アルゥインに向かう道路の渋滞に焦るも6時20分にはスタジアム着、先遣隊を下す。

平日開催で駐車場が限定される中、要領良く空き地に駐車する地元民を尻目にオフィシャルで案内された遠い遠い大芝生広場を目指す。
駐車は6時40分。約3キロのランを覚悟するも、偶然出くわしたバス乗り場で到着したバスの最後の一人に滑り込み、アルゥイン横にはキックオフ10分前に着。
ダッシュでキックオフに間に合う。

先発は
GK 西川
DF 遠藤、マウリシオ、槙野
MF 橋岡、青木、柏木、宇賀神、武藤、マルティノス
FW 興梠

サブは福島、岩波、荻原、阿部、柴戸、菊池、李

並びは3-4-2-1。遠藤、槙野はワールドカップから直ちに天皇杯。お疲れさま。

前回来た時のような強烈な臭気のお迎えは無かったが、虫がやたらと飛んでいて首や顔にまとわりつく。

・前から追ってくる相手にじっくりと受けて構えるも、実戦から遠ざかっている影響か後ろでの球回しのミスや前線での意図の違いが頻発し、ノッキング気味に試合は進行。
・10分に多少不運なボールロストから深くえぐられグラウンダーのクロスを西川の鼻先で後ろ脚でタッチされ失点。
・時間が早かったので焦りはなかったのが幸い。時間の進行とともにこちらのミスより相手のミスの方が目立ってくる。
・マルを効き足が活きる左に使うことで縦への意識付けを強化。
・右も柏木と武藤のパス交換から深くまで侵入できるようになる。
・右から完全に崩してのクロスはマルが宇宙開発し同点ならず。
・前半はビハインドでの折り返しでもやむなしと思い始めたところ、右からのCKを槙野がファーで折り返し中のマウリシオが頭で決めて同点。
・前半で追いつけた。
・後半はカウンターに気をつけて慎重にボールを回し好機を伺う。
・時間の進みとともに相手の運動量が落ち、徐々に押し込む。
・67分 マルティノス→阿部。武藤を上げて3-4-1-2。
・75分 宇賀神→荻原。若さが両サイドを活性化する。
・右を崩して得たCKをマウが頭で決めてついに勝ち越し。
・89分 武藤→柴戸。試合を閉める役割を柴戸が運動量とキレで十二分にこなす。

激しい驟雨の中、ゲームセット。
派手さのない手堅い勝利。中断前とチームの志向する方向性が変わってきているのを感じる。

先制して今日も勝てる思った松本合唱団の皆様は、敗けの実感が湧かないのではないか。

半端ない雨の中、選手挨拶、マウの挨拶、We are Diamonds。半ばやけくそ気味に。

帰りは約3キロの駐車場までの道程を雨の中、雨具なしで歩く。
駐車場流出は9時40分。油を補給して塩尻北流入が10時10分。
帰りは長野道から中央道を雨雲と追っかけっこしながら。
甲府で雨は止み、圏央道経由、入間で流出。1時には帰浦。

百歩ラーメンで日帰り遠征を〆る。

選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:トレーニングマッチユニ2016

|

« 参戦の記録 ルヴァンC-PO2 ホーム 甲府戦 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/66938688

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 天皇杯3回戦 松本戦:

« 参戦の記録 ルヴァンC-PO2 ホーム 甲府戦 | トップページ