« 参戦の記録 アウェイ C大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »

2018.07.31

参戦の記録 アウェイ 広島戦

治安田生命J1リーグ 第18節
2018年7月28日(土) 19:03キックオフ・エディオンスタジアム広島
サンフレッチェ広島 1-4(前半1-1) 浦和レッズ
得点者 25分 興梠慎三、38分 千葉和彦(広島)、71分 興梠慎三、76分 宇賀神友弥、90+5分 ファブリシオ
入場者数 16,944人
審判: 松尾 一      
天候:晴
交通手段:飛行機
参戦者:N、K

北上から西進する異常なコースの進路予想がでる台風12号が接近する中での広島遠征。

空路で当日入り、後泊の翌日帰りの行程。
行きは良いが、帰りの足が心配。

JAL261便で羽田から広島へ。
羽田空港で丁度昼時に。
第1ターミナルB1の「天鳳」で天鳳麺。醤油ベースの味噌あんかけが癖になる旨さ。暑い夏に食べるものではないが...。

雨がぱらついた東京から晴れて暑い広島へ。
新幹線口に着くリムジンパス。すぐさまホテルにチェックイン。荷物をおろし、一休みしてスタジアムを目指す。

広島駅近くなので横川からシャトルバスのルート。
横川駅で「むさし」でむすびを買う。
ゴール裏の隅っこで腹ごしらえ。

台風が直撃する予報で帰りの足が心配なのに、まぁよくもこれだけの数というアウェイゴール裏。
まぁ、自分達も後先を考えない一人なのだが。

先発は
GK 西川
DF 岩波、マウリシオ、槙野
MF 橋岡、青木、柏木、宇賀神、武藤、ファブリシオ
FW 興梠

サブは福島、荻原、森脇、マルティノス、阿部、菊池、李

遠藤が抜けたところに岩波、サブは岩波が先発に回ったところに森脇。
連戦が続くが、これがオリベイラの信頼を寄せるメンバーなのだろう。

豪雨災害の犠牲者に弔意を示す半旗。選手の腕には喪章。
首位を走る広島との対戦。

・守備が堅い広島は追い回すというよりは、キッチリとブロックをつくり跳ね返すタイプ。
・持てるが最後のところがなかなか通らない展開が続く。
・広島は左サイドからの攻めがポイント。岩波、橋岡が受け止める。
・一進一退の中、右をファブリシオ、武藤でペナ周りに侵入し、武藤のスルーパスを興梠が流し込んで先制。
・久しぶりにきれいに流れから得点。
・1-0できっちり折り返したいが、ペナ周りで不要なファール。セットプレーを頭で決められ1-1。このセットプレーの守備はいただけなかった。
・後半は広島が左から攻勢をかける。完全に崩されて中央でヘディングが2度。パトリックは枠の上、ティーラシンは西川の正面で難を逃れる。
・58分 武藤→阿部。中盤を厚くして相手に散らしをさせない手。
・中盤のボール奪取の機会が増え、攻めても増える。
・左から崩し、ペナ内に3人が侵入する好機に柏木がボールのないところで倒されPKゲット。興梠が難なく決めて2-1。
・一気にたたみかける。ボール奪取のカウンターからファブリシオが中央から右へ。走り込んだ柏木がペナ内に侵入し折り返し。
・前で囮になったファブリシオの後ろにスプリントしてきた宇賀神。ボレーで決めて3-1。
・80分 興梠→李。連戦に備える。
・84分 柏木→森脇。広島由来の選手を総動員。
・ロスタイム5分の終了間際、ドリブルで3人をかわしたファブリシオがミドル、林の手を弾いてゴールで試合終了。

展開の綾がありながらも、終わってみれば4-1の快勝。参戦条件の厳しい試合の良い試合の確率は高い。

行きと同じルートで戻る。祝杯はホテル横の「仕事人」。
翌日の帰りの足の心配を暫し忘れて勝利の余韻を楽しむ。

翌朝、台風予報は飛行機の飛ぶ昼頃にドンピシャ直撃。

雨が降り始める前にホテルを出る。空港に向かうリムジンバス、雨が強まる。
機材さえ到着すれば時間はかかっても飛ぶだろうとの予測。

雨は小止み、風もさほど強くないが、霧がかかり始める中、機材到着。直後に濃霧で視界が無くなる。

JAL256便は霧がかかる中、台風の影響など微塵も感じさせず定刻に出発。
 
短いながら内容の濃い遠征でした。

選手ユニ:赤・白・黒
自分の服装:2018ユニ(赤)30

|

« 参戦の記録 アウェイ C大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/67006504

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 広島戦:

« 参戦の記録 アウェイ C大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »