« 参戦の記録 天皇杯3回戦 松本戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ C大阪戦 »

2018.07.20

参戦の記録 ホーム 名古屋戦

明治安田生命J1リーグ 第16節
2018年7月18日(水) 19:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-1(前半1-1) 名古屋グランパス
得点者 40分 遠藤 航、45+1分 ガブリエル シャビエル(名古屋)、70分 槙野智章、78分 遠藤 航
入場者数 21,250人
審判: 木村博之      
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C

ワールドカップの長い中断期間を経て第16節でリーグ再開。

季節は早くに梅雨が明け、夏真っ盛り。
40度に迫らんとする気温。

平日夜開催。半休を取り一度家に戻り、車で向かう。
昼食は百歩。松本の帰りから引き続き。

平日であることと昼間の猛暑で事前抽選の待機列の人数もかなり少ない。

先発は
GK 西川
DF 遠藤、マウリシオ、槙野
MF 橋岡、青木、柏木、宇賀神、武藤、マルティノス
FW 興梠

サブは福島、荻原、岩波、森脇、武富、阿部、李

並びは3-4-2-1。1週間前の天皇杯3回戦と同じ布陣。

昼間の暑さが十分に残る中、キックオフ。厳しい試合環境。

・名古屋は主体的にボールを保持するスタイル。
・ジョーのポスト&キープとガブリエル シャビエルのキープ力と配給で、保持率は名古屋に軍配。
・浦和はどちらかというと繋いでくる相手よりも蹴ってくる相手に苦戦する傾向があるので、あまり苦にはならない。
・天皇杯に引き続き左で使われるマルティノス。右で使われるよりも縦への勢いが殺されないのでこちらの方が良いかと。
・左からの崩しで興梠、マルティノス、右からの崩しで青木と好機あるもランゲラックに阻まれる。
・得点はCKからのヘディングで遠藤。
・1-0リードでの前半折り返しを強く意識するも、バイタルをスカスカにしてガブリエル シャビエルに決められる。
・このあたりの詰めの甘さは暑さからか、気持ちの問題か。
・後半の入りでいきなり相手に好機も決定力の無さに救われる。
・59分 マルティノス→荻原。ガス欠気味とシュートの際の接触で少し傷んだか。
・68分 宇賀神→阿部。荻原をサイドに回し、天皇杯3回戦の後半と同じ布陣。阿部ちゃんが良く効く布陣。
・後半はスカスカ気味のバイタルは改善。好機はうちの方が徐々に多くなる。
・荻原の縦への動きからCKを得ると、左CKから槙野がファーに回り込んで頭で一撃。勝ち越す。
・余裕が出ても攻めの姿勢は変わらず、78分に同じサイドからのCKを遠藤がニアからファー側のサイドネットに叩き込んで3-1。
・これで勝負あり。
・90+2分 興梠→森脇。
・前半しくじった終わらせ方も万全で試合終了。

長い中断明けの最下位との試合という負けるとさざ波が立つような試合を勝利した。

2試合で5得点、全てCKからのヘディング。

今までにない珍しい光景を見ている。

選手ユニ:ホーム
自分の服装:プラクティスシャツ2014

|

« 参戦の記録 天皇杯3回戦 松本戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ C大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/66961493

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 名古屋戦:

« 参戦の記録 天皇杯3回戦 松本戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ C大阪戦 »