« 参戦の記録 アウェイ 湘南戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯 準決勝 鹿島戦 »

2018.12.03

参戦の記録 ホーム FC東京戦

明治安田生命J1リーグ 第34節
2018年12月1日(土) 14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-2(前半1-0) FC東京
得点者 9分 李 忠成、46分 ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)、48分 柴戸 海、68分 李 忠成、87分 前田遼一(FC東京)
入場者数 46,770人
審判:村上伸次
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C

次週にはACL出場権をかけた天皇杯の2戦があるが、とりあえずはリーグ最終節。
6位の浦和、相手は5位の瓦斯。
ここ数年、最終節にあまり良い思い出がない。

17年間所属した平川の最後のリーグ戦。
良い試合で締めくくりたい。

天気は申し分なし。
南広場では鍋祭り開催も、小春日和で鍋という雰囲気ではない。

横手焼きそばと地粉うどんで腹ごしらえ。

先発は
GK 西川
DF 岩波、阿部、槙野
MF 橋岡、柴戸、青木、柏木、荻原
FW ナバウト、李

サブは、福島、宇賀神、平川、森脇、武富、長澤、ズラタン。

天皇杯を控え、興梠と武藤が完全休養のメンバー外で、ナバウトと李がトップに。
怪我のマウリシオに無理はさせず、阿部ちゃんを最終列。
怪我明けの青木が久しぶりにスタメンで、長澤の位置に柴戸。左は荻原。
フィールドプレイヤーは半数が入れ替えの目新しい布陣。

アッパーの指定を中心に空きはあるが、自由席は人が多いなと感じる入り。
チームがうまくいっていない時に、これくらいの人数で後押ししてあげたかったものだが...。

・いつもは落ち着いて試合に入るが、スタメンに抜擢された選手は果敢な挑戦と運動量をもって試合に入る。
・相手はベストの布陣で、浦和の動きをいなす感じで試合に入る。
・入りの躍動感が消えない時間帯で、CKから李が頭で綺麗に流し込み先制。
・複数の点差をつけて試合終盤に平川投入のシナリオの実現性が高まる。
・時間の進みとともに入りでの躍動感は相手の受けにいなされ始め、都度都度、鋭い攻撃を食らうも西川を中心にしのいで1-0の折り返しは上出来。
・後半開始のプレーであっさり失点。入りの集中が少し欠けていた感じ。もったいない。
・振り出しの戻ったが、逆に前への意識は高まり、荻原がドリブル突破を仕掛ける。
・ファールで止められFKを柏木がクイックでリスタート、ゴール前に走り込んだ柴戸に合わせて勝ち越し。
・これで雰囲気は後半開始以上に良くなる。
・GKをナバウトが競り、こぼれを自らペナ内に運び込み、中に走り込む李に折り返し、綺麗に左足アウトでダイレクトに流し込み3-1と2点差に。
・複数点差で終盤のシナリオがほぼ完成。
・72分 荻原→宇賀神。足が攣っての交代だが若干、時間が早過ぎの感。
・81分 青木→長澤。これは天皇杯を見据えた交代か。久しぶりの試合だった青木は相変わらずの存在感だった。
・あとは展開の中でいつ平川を出すか。そんなザワザワした雰囲気の中で集中が落ち、途中交代の前田にあっさり頭で決められて1点差。
・この時点で交代の準備をしていた平川をそのまま出す。代わるのは柏木。キャプテンマークを巻いてピッチに入る。
・89分 柏木→平川。右サイドに位置取り、橋岡が一列下がり、阿部ちゃんがボランチに上がる。
・ロスタイムはPride of Urawa、平川も十分にボールに絡み試合を〆ることに貢献。

何年かぶりにホッコリする気持ちで迎えられたホーム最終節のセレモニー。
夕暮れの空に平川の丁寧な素晴らしいスピーチが心に沁みる。

ワインと牡蠣でリーグ戦5位の打ち上げと天皇杯に向けての英気を養う。

本当のホーム最終節は来週の天皇杯決勝だ。

選手ユニ:ホーム
自分の服装:2018ユニ(赤)30

|

« 参戦の記録 アウェイ 湘南戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯 準決勝 鹿島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/67447235

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム FC東京戦:

« 参戦の記録 アウェイ 湘南戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯 準決勝 鹿島戦 »