« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

2019.02.28

参戦の記録 アウェイ 仙台戦

明治安田生命J1リーグ 第1節

2019年2月23日(土) 14:02キックオフ・ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台 0-0(前半0-0) 浦和レッズ
入場者数 18,567人
審判:佐藤隆治            
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C

リーグ開幕戦、仙台へは常磐道経由で車で。

当日、4時半に出発、泉中央到着は9時。
区役所前の駐車場が開くタイミングにドンピシャで、駐車場探しをすることなく駐車。

晴れだが強風で体感温度はかなり寒い。開場まで時間があるので、COCOSで朝食と暖をとる。

券面に書かれた開場時刻は11:45だが、30分遅れの12:15にようやく開場。

事前に色々(狭くなる)と言われていたゴール裏は緩衝帯も昨年よりは狭く8割方がアウェイの割り当て。

先発は
GK 西川
DF 岩波、マウリシオ、槙野
MF 宇賀神、長澤、エヴェルトン、柏木、山中
FW 興梠、杉本

サブは、福島、鈴木、橋岡、マルティノス、阿部、柴戸、ナバウト。

ゼロックスの後半を基調とした布陣。サブを含めた18人の構成は変わらない。

・風下の前半。
・仙台は中央を閉じてサイドに展開させ奪いロングボールで長沢という戦い方。
・浦和もゼロックスの時よりは整理された球回し。相手陣まで入るところからの崩しの形が決まらない。
・2トップの関係もいまだ模索中の感。
・特段の見どころなく、スコアレスで折り返し。
・風上となった後半は相手陣に入る機会が多くなる。その分、カウンターを受けたときのスペースができて、何度かヒヤリという場面が。
・押し込んで好機を作るも、ゴールに向かうガツガツした感じが今一つで、好機のシュートも枠を大きく外れる(エヴェルトン)。
・73分 長澤→マルティノス。動き回るも若干空回り気味。シュートチャンスも枠外。
・83分 興梠→ナバウト。興梠は前半に交錯した時から痛そうだった。
・残り時間わずかでガッツリ押し込むが、相手は時間を使い引き分け狙いの展開。

力技で崩し切るまでの力の差を見せつけられずドロー。
相手の力量、ゼロックスからの前進を考えると勝点が2足りない試合。少し大事に戦い過ぎた。

アリオの地下で土産を買い、家路に。
帰りも常磐道、浦和到着は9時半。

引き分けだったが焼肉の夕食。
 

選手ユニ:赤・白・黒
自分の服装:2018ユニ(赤)30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.18

参戦の記録 FUJI XEROX SUPER CUP 川崎戦

FUJI XEROX SUPER CUP 2019
2019年2月16日(土)13:35キックオフ・埼玉スタジアム
川崎フロンターレ 1-0(前半0-0) 浦和レッズ
得点者 52分 レアンドロ ダミアン(川崎)
入場者数 52,587人
審判: 家本政明            
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C

スーパーカップという公式戦で2019シーズンはスタート。
Jリーグ主催、賞金付きながら、新メンバーでの初戦では、プレシーズンマッチ感は否めない。

埼スタながら中立地扱いで、入場は7時半からの当日抽選、9時半開場、13時半キックオフという慌ただしいタイムスケジュール。

シーズン初戦恒例の新チャント披露がアウェイではなく埼スタってのも何か違和感。

川崎は持っているフラッグをすべて広げる勢いでやる気満々。
こちらはビジュアル等、特になし。シーズンの開始を告げる試合ではあるが、特別な何かがかかった試合ではないから。

先発は
GK 西川
DF 岩波、マウリシオ、槙野
MF 橋岡、長澤、エヴェルトン、柏木、宇賀神
FW 興梠、杉本

サブは、福島、鈴木、山中、マルティノス、阿部、柴戸、ナバウト。

前シーズンの構成を踏襲した布陣。怪我の青木に代わって新戦力のエヴェルトン、同じく怪我の武藤に代わって新戦力の杉本。
エヴェルトンをアンカーに置いた3-5-2。

・試合内容は低調。動けてはいるが、試合勘はまだまだといった感じ。
・中盤から戦線への仕掛けの部分で相手のマークを剥がすアイディアが乏しく、攻撃が形にならない。
・相手は、新戦力のレアンドロ ダミアンの動きが出色で、前線で存在感を発揮。
・前半に完全に崩されて2回ゴールネットを揺らされるも、これは幸いにしてオフサイドで0-0の折り返し。
・HTでエヴェルトン→阿部、杉本→ナバウト。監督も調整のための試合と割り切っている様子。
・攻められてシュートを打たれた跳ね返りがレアンドロ ダミアンの前に行きダイレクトで左足を振りぬかれて先制を許す。
・66分 長澤→山中、橋岡→柴戸の2枚替え。左に山中、右に宇賀神、柴戸は長澤の位置に入る。
・81分 柏木→マルティノス。左は山中とマルティノスが縦関係。目新しい。
・だが、新戦力の使い方が十分にこなれてはいない感じで、もどかしい展開のまま時間が経過していく。
・結局、後半は全く見せ場なく試合終了。

黒星スタートになってしまったが、選手のコンディションは悪くない感じ。
 
負けは嫌だが、豪華プレシーズンマッチとして頭の中を整理する。

来週のリーグ開幕に向けてオフで眠っていた気持ちはかなり暖まった。
選手もそうであることを期待して、さぁ、来週は仙台遠征だ。

選手ユニ:赤・白・黒
自分の服装:2018ユニ(赤)30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »