« 参戦の記録 ホーム FC東京戦 | トップページ | 参戦の記録 ACL MD3 全北現代戦 »

2019.04.08

参戦の記録 ホーム 横浜FM戦

明治安田生命J1リーグ 第6節
2019年4月5日(金) 19:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-3(前半0-1) 横浜F・マリノス
得点者 7分 マルコス ジュニオール(横浜FM)、61分 マルコス ジュニオール(横浜FM)、71分 広瀬陸斗(横浜FM)
入場者数 32,555人
審判:家本 政明
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C


金曜開催は中途半端でちょっと困る。

4日後にはACLで休みをとる必要があり、年度初めのタイミングではかなり気を遣う。

時間休を取りスタジアム着はキックオフ40分前。
2万名に配布のTシャツは余裕と思いきや、すでに配布終了。

最終的には3万2千人超え、春休みとTシャツ効果はかなりなもの。

昼に吹いた強めの南風が残るコンディション。

先発は
GK 西川
DF 森脇、マウリシオ、槙野、山中
MF 青木、長澤、エヴェルトン、柏木
FW 武藤、興梠

サブは、福島、宇賀神、岩波、マルティノス、汰木、柴戸、杉本。

前節から左サイドをサブと入れ替え。メンバーは同一。

・ホーム埼スタと横浜という相手の組み合わせの相性の悪さの極み。
・何だがしっくりこない展開。
・球が前に進まず、相手ボールになると前線からの追い込みがハマらない。
・左サイドで変にリフレクトしたルーズボールを西川キャッチできず、相手FWにあっさり決められて先制を許す。
・焦らず丁寧に試合を進めるが、相手に余裕が出てなおのことギクシャク、テンポが出ない。
・頼みのCK、マウリシオのヘディングはバーをたたく。流れが来ない。
・四苦八苦しつつ0-1で折り返し。
・後半は前半以上につながらず、いいところなし。
・自らの球は相手陣に入るので四苦八苦、相手の攻めはやすやすとゴール前まで。
・右を崩され西川の好守で2度跳ね返すもこぼれを拾われ叩き込まれ0-2。
・62分 長澤→マルティノ
・前掛かりになったところ、リスク管理ができず3失点目。
・73分 柏木→柴戸、興梠→杉本 も、反撃といった雰囲気は出せず。

完敗。

一進一退を繰り返しながら、前進していくことを願うのみ。

敗戦から何を学ぶかだな。

 

選手ユニ:ホーム
自分の服装:2018ユニ(赤)30

|

« 参戦の記録 ホーム FC東京戦 | トップページ | 参戦の記録 ACL MD3 全北現代戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参戦の記録 ホーム FC東京戦 | トップページ | 参戦の記録 ACL MD3 全北現代戦 »