« 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 »

2019.04.11

参戦の記録 ACL MD3 全北現代戦

AFCチャンピオンズリーグ2019 グループステージ MD3
2019年4月9日(火) 19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-1(前半0-0) 全北現代モータース
得点者 77分 アドリアーノ(全北現代)
入場者数 20,118人
審判:ピーター グリーン(オーストラリア)
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C

冬を思わせる乾いた冷たい北風の吹く晴れの天候。

平日開催だが金曜日のリーグ戦は、フワッと気持ちでスタジアムに来てしまったなと反省し、スタジアムに向かう道すがらは試合のことをあれこれと考えながら。

到着は試合開始前30分。

先発は
GK 西川
DF 岩波、マウリシオ、槙野
MF 森脇、エヴェルトン、青木、柏木、宇賀神
FW 武藤、興梠

サブは、福島、鈴木、山中、汰木、柴戸、杉本、ナバウト。

エンブレムと赤と白の小旗で選手を迎える。

・布陣は3バック。
・金曜日の試合を受けてか、自陣でブロックを作って受けてはいるが、相手の出足と圧に押され防戦一方。
・相手のペナ内の精度があれば確実に複数失点していたところ。
・25分を過ぎたところで相手がサイドで意思の疎通を欠いたパスミスをしたあたりから徐々に形勢が入れ替わる。
・前半の残り15分は互角以上の展開に。
・後半立ち上がりも前半の攻勢を継続。
・ペナ内にかなり侵入できるようになり、森脇のシュートはポストを叩くも元来た方向に跳ねる不運。
・その後も押し気味に展開する。相手のスライドも前半より遅くなり、これはそろそろ点が取れるかと思ったのが油断。
・選手交代の準備で集中力が散漫になったところ、スローインからまずい対応で失点。本当にエアポケットのように。
・相手に余裕ができて得点の雰囲気が消し飛ぶ。
・78分 エヴェルトン→柴戸。交代がワンテンポ遅れたことが悔やまれる。
・84分 柏木→汰木。アクセントになりシュートを放つも枠の外。
・左サイドを崩し、カットインした宇賀神のシュートはバー直撃。思わずため息がでる。
・88分 岩波→杉本。前線での高さの起点となる。
・相手も必死で時間を使う。畳み掛けることができず、万事休す。

ホームで痛い敗戦。序盤の押されたところから盛り返して勝ちへの道筋が見えかけていただけに本当に痛い。

反転攻勢のきっかけを掴むまでの苦しい道のり。

ちょっとしたことでガラッと雰囲気が変わりそうなはずだが、それが何か、どこに転がっているのかがわからない。

 

選手ユニ:ホーム(ACL)
自分の服装:トレーニングレインジャケット2016

|

« 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 »