« 参戦の記録 ACL MD6 北京国安戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 川崎戦 »

2019.05.29

参戦の記録 ホーム 広島戦

明治安田生命J1リーグ 第13節
2019年5月26日(日) 14:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-4(前半0-2) サンフレッチェ広島
得点者 6分 森島 司(広島)、25分 ドウグラス ヴィエイラ(広島)、63分 ハイネル(広島)、80分 渡 大生(広島)
入場者数 33,235人
審判:福島孝一郎
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C


火曜日にホームで北京に完勝し、その良い雰囲気を不振のリーグ戦につなげたい大事な試合。
ここでよい形で勝てれば勢いに乗れる。

相手は連敗中の広島。
かつての得意技、連敗ストッパーの発動がないことを祈る。

長谷部とバインが試合前にあいさつ。
得点シーンの映像が懐かしい。

好天。気温もかなり上昇。2時キックオフは暑さとの戦い。
光化学スモッグ気味。息苦しい。

先発は
GK 西川
DF 鈴木、マウリシオ、槙野
MF 森脇、エヴェルトン、青木、長澤、山中
FW 興梠、武藤

サブは、福島、宇賀神、岩波、マルティノス、荻原、ファブリシオ、汰木。

スタメンは北京戦の前半と同じ構成。

No guts,No Gloryのビジュアル、走れ、そして戦え。
上昇するにはそれしかない。

・試合の入りはしっかり。追いすぎず引きすぎず、相手陣でシュートまで。悪くない。
・初めて深くまで右サイドを抉られた機会で混戦に、バーに当たった跳ね返りが相手に渡り失点。
・相手に余裕、浦和に焦りが生まれる。
・右サイド、森脇の裏がスカスカになり狙われる。修正できない。
・攻めはサイドで詰まるようになり自信を失った展開。
・ほどなくCKから失点。こうなるとリーグ戦連敗中のダメな浦和しか出てこない。
・HT 森脇→宇賀神、あの出来では仕方がない。ケガか?それなら見切りが悪すぎる。
・1点取れば変わるのだが、取れそうな雰囲気はない。
・54分 長澤→ファブリシオ。
・後半は左サイドをカウンターで攻められる。思い切りのよいシュートからGKが弾いたところを決められ0-3。
・77分 興梠→汰木。
・気持ちだけは前に、でも攻められず、守備はスカスカ。
・きれいなサイドからの崩しで4失点目。
・メインの人たちが席を立ち始める。

相手を上回る要素が何もない完敗。

5日前につかんだ何かは日曜日午後4時には霧散していた。

まずいね。

選手ユニ:ホーム
自分の服装:2018ユニ(赤)30

|

« 参戦の記録 ACL MD6 北京国安戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 川崎戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参戦の記録 ACL MD6 北京国安戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 川崎戦 »