« 参戦の記録 ホーム 仙台戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 磐田戦 »

2019.07.19

参戦の記録 アウェイ 横浜FM戦

明治安田生命J1リーグ 第19節
2019年7月13日(土) 19:03キックオフ・日産スタジアム
横浜F・マリノス 3-1(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 38分 遠藤渓太(横浜FM)、61分 仲川輝人(横浜FM)、69分 オウンゴール、86分 エジガル ジュニオ(横浜FM)
入場者 33,673人
審判:松尾 一
天候:雨
交通手段:車
参戦者:N、K、C



まさに梅雨という曇天。
予報では曇りのままだが横浜に向かって都内を走行中に雨が降り始め、強くは降らないが完全に止むことはなかった。


午後2時過ぎでも意外と混んでいる首都高。事故なのか。
比較的渋滞の程度が軽い山手トンネル経由、湾岸から浮島で川崎方面、横羽線に出て生麦から横浜北線。
1時間30分で新横浜着。


駐車は北新横浜駅方面のあおばスポーツパーク内のタイムス。
スタジアムまでは徒歩で20分強。300円なので許容できる。


微妙に降る雨の中、定刻になっても開場せず15分近く待たされる。何なんだ。



毎年、もめる原因となる2階席全面中央部のスポンサーの看板と幕の取り合い。


今年ももめて、幕移動の最中に鞠サポが緩衝帯に大挙乱入。
どういう運営してるんだい。一歩間違えばけが人の出る騒ぎだよ。


先発は
GK 西川
DF 岩波、マウリシオ、槙野
MF 橋岡、青木、阿部、宇賀神
FW 長澤、興梠、ファブリシオ


サブは、福島、山中、柴戸、森脇、マルティノス、杉本、汰木。


仙台に壊されたエヴェルトンと武藤がメンバー外。
サブのメンバーにも入れ替えが。



・相手が支配する前半。耐える展開。
・序盤は不安定だったが、支配されながらも守るペースができ始める。
・0-0で折り返して後半は反転攻勢と思った38分に右サイドでフリーでボールを受けた橋岡が芝に足を取られ横転。
・そこからショートカウンターをくらいアッサリ失点。
・芝の状態が悪かったとはいえ痛いミス。ここに至るまでも何度も背後に侵入されており橋岡の日ではなかった感じ。
・後半は序盤から攻勢。でも攻めきれない。
・前掛かりになったところ、右からカウンターを食らいまたも失点。
・遠目でわからなかったが、明らかにオフサイドだったらしい。が、瞬時に副審と主審のコミュニケーションが取れておらずここから混迷。
・一度はオフサイドで間接FKとなるが、再度、カオスになりゴールとなり0-2に。10分以上中断。
・このもめごとの最中に61分 橋岡→山中。交代が遅れた感は否めない。宇賀神が右に。
・ここから猛烈な勢いで攻める。
・右に回った宇賀神からの早いクロスを慎三さんが決めたと思ったら、相手に当たって入っていてオウンゴールで1-2。
・攻めはさらに勢いを増す。
・73分 宇賀神→杉本。長澤が右のアウトサイドに。
・山中のクロスをファーで待っていた杉本がGKに当てながらも決めて同点。と思ったら、残念ながらオフサイド。
・81分 ファブリシオ→マルティノス。
・しかし86分に相手シュートのブロックがPKの判定。これも微妙な判定だったが...。
・同じ方向には飛んだのだが止められず1-3で万事休す。
・2点差で余裕の出た相手にいなされ試合終了。

判定に負けず試合をひっくり返す気概は見えたが、細かいところでミスがあり、あれでは流れは引き寄せられない。
魂は細部に宿るだな~。



帰りは横浜北線から横羽線、湾岸、山手トンネル経由で正味1時間ちょっと。


敗戦後の定番、百歩での夕食。



選手ユニ:赤・白・黒
自分の服装:2018ユニ(赤)30

|

« 参戦の記録 ホーム 仙台戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 磐田戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参戦の記録 ホーム 仙台戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 磐田戦 »