« 2019年7月 | トップページ

2019.08.20

参戦の記録 アウェイ 神戸戦

明治安田生命J1リーグ 第23節
2019年8月17日(土) 19:03キックオフ・ノエビアスタジアム神戸
ヴィッセル神戸 3-0(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 45+1分 古橋亨梧(神戸)、59分 山口 蛍(神戸)、86分 アンドレス イニエスタ(神戸)
入場者数 22,513人
審判:荒木友輔
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C



真夏のアウェー三連戦、締めくくりは相性の良くない神戸。


前日午後に出発、静岡で「さわやか」に寄り、彦根泊。



居酒屋彦一で近江牛を食し翌日に備える。



試合当日は彦根から京都に立ち寄り嵐山・嵯峨周辺を観光。



たかばし京都南インター店で腹ごしらえをし、神戸を目指す。



猛暑の中での試合ということで、ゴール裏スタンドの最後部の窓が全開。
病院があるので騒音対策でいつもは閉じているが、さすがにこの暑さで開けないととんでもないことになるのだろう。


試合開始3時間前に開門するも特に何が起こる訳でもなく手持無沙汰。一度外に出て、木陰の芝生でお昼寝1時間。
すっきりして席に戻る。



先発は
GK 西川
DF 岩波、マウリシオ、槙野
MF 関根、青木、エヴェルトン、宇賀神
FW 興梠、杉本、武藤


サブは、福島、山中、長澤、柏木、橋岡、柴戸、ファブリシオ


埼スタには2戦続けて出場を回避したイニエスタはホームでは出場。
浦和戦に出たくないという訳ではなかったらしい。


・試合は互角かやや相手優位の展開。
・攻めに決め手を欠く浦和はなかなかシュートに至らない。
・ハイブリッドの芝に不慣れなのか、浦和の選手だけよく滑ってこける。DFラインもたびたびこけてあわやという場面も。
・暑い中スコアレスで折り返して後半勝負と思っていたところ、前半ロスタイムで失点。
・ボランチとDFの間をドリブルで突破されるという最近よく見る展開から田中のシュートを西川がはじいたところを詰められて失点。
・後半は押し気味に試合を進めるが、リードしている相手にうまく受け流されるような展開。
・足元が滑るのもあるが、どうも浦和の選手は足元にピタッピタッと球が収まらない。どうしてもワンテンポ展開が遅くなる。
・左サイドに山中の投入を準備しているところでその左サイドをカウンター気味に崩されあっさり失点。
・59分 宇賀神→山中。
・64分 エヴェルトン→柏木。
・74分 興梠→ファブリシオ。
・酷暑の中、先に先に選手を変えて反撃するが余裕の相手に受け流される。
・イニエスタのミドルはファーのポストを直撃。危うくとどめを刺されるところだった。
・攻めきれない中、終了間際にPKを与え、イニエスタに決められて3点差。
・途中代わって入った藤本にもイニエスタと同じようにファーポスト直撃のシュートを食らい危うく4点差になるところ。


完敗という表現がぴったりの試合。
方向性はともかくとして、やりたいことがはっきりしているチームともがいているチームの差が如実に出た。



宿に戻る途中で反省会。焼肉ポッサムチプ。
焼肉が旨かったことがこの日の救い。




ACL圏内との勝点差は10、首位とは18。
今年の目標はACLと天皇杯と残留というのが明確になった8月の夜。



選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:トレーニングシャツ2014

| | コメント (0)

2019.08.16

参戦の記録 天皇杯3回戦 水戸戦

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 3回戦
2019年8月14日(水) 19:00キックオフ・ケーズデンキスタジアム水戸
浦和レッズ 2-1(前半0-0) 水戸ホーリーホック
得点者 53分 ジョー(水戸)、65分 ファブリシオ、81分 ファブリシオ
入場者数 8,537人
審判:佐藤隆治
天候:曇のち晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C

5日間の北海道遠征の翌日がもう天皇杯。

車で初めてのケーズデンキスタジアムへ。

駐車場はサイズ小さめの第6駐車場に駐車。

ゴール裏は高さがなく向こうのゴールが遠く見える。
昔の万博以来の芝生斜面。
天皇杯でしか体験できない代物。

先発は
GK 西川
DF 鈴木、森脇、橋岡
MF 岩武、柴戸、阿部、山中
FW マルティノス、ファブリシオ、汰木

サブは、福島、岩波、エヴェルトン、柏木、荻原、関根、杉本。

真夏の連戦、フィールドプレイヤーは完全ターンオーバー。

・前半は相手のプレーの強度が高く、思うように展開できない。
・引いて来て球を受けたがるマル。それは起用意図と違うプレーだろう。
・岩武はJ2相手に前を向いてまともにプレーできない。ズタボロの右サイド。
・西川のセーブと相手シュートの精度難がなければ失点していただろう前半。
・毎度、夏場の天皇杯は内容より結果という試合に。

・後半は前半よりも落ち着いて球回し出来てきたが、ペナ内で森脇が強めのチェックをファールに取られPKを献上し決められ0-1。
・これで目が覚めたのか俄然、攻め始める。
・55分 岩武→関根。出さずに神戸戦に臨みたかったが、仕方がない。
・関根の入った右サイドが活性化。ようやく前を向いてプレーしたマルティノスがドリブルで仕掛け、混戦からPKをゲット。
・ボールを抱えて自分で蹴る意思を示すもこの前のプレーの時から杉本への交代の表示。蹴らせることなく交代。
・64分 マルティノス→杉本。
・PKはファブリシオが完璧に決めて同点。
・ここから相手の動きが落ちてきて、浦和ペースに。
・78分 汰木→柏木。
・動きの落ちた相手にスペースと時間を与えてもらった柏木が攻撃を構成。
・ペナ内に侵入した関根にパス、関根は寄せてきた相手と交錯、PKの判定。
・ファブリシオが同じコースに完璧に決めて2-1。
・ロスタイム5分。2度の相手CKで相手キーパーが上がる。
・一度目はドンピシャのヘディング、ポストのわずか外にそれる。
・二度目は混戦からシュートがポストを叩く。危ない危ない。
・3度目のCKを跳ね返したところで試合終了。

何とか4回戦進出。内容に文句を言うまい。

駐車場からは意外とすんなり出られ11時前には帰宅。

選手ユニ:赤・白・白
自分の服装:プラクティスシャツ2014

| | コメント (0)

参戦の記録 アウェイ 札幌戦

明治安田生命J1リーグ 第22節
2019年8月10日(土) 14:03キックオフ・札幌ドーム
北海道コンサドーレ札幌 1-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者 57分 エヴェルトン、68分 鈴木武蔵(札幌)
入場者 35,531人
審判:高山啓義
天候:屋内
交通手段:飛行機、地下鉄
参戦者:N、K


観光トップシーズンでの札幌遠征。
前日夜入りの便で札幌入り。

金曜日の薄野の夜は去年に引き続き、ゆるり家。
ジャガイモのバター煮で北海道に来たことを実感。

試合当日は朝カレーでスタート。深夜から朝10時まで営業のシャララ。

雨がパラつく不安定の天気の中、ドームへ。
河合竜二の引退試合等の集客イベントを組んだ試合。ホームの人たちの出足も早い。

田畑、永井、啓太、桜井と浦和に縁のある選手多数の引退試合。
試合前のサッカーのイベントは悪くない。

中川大志のトークのイベント中に新チャント3つの練習。
試合にもすべて使用。

先発は
GK 西川
DF 岩波、マウリシオ、槙野
MF 宇賀神、青木、エヴェルトン、関根
FW 長澤、興梠、武藤

サブは、福島、山中、阿部、森脇、マルティノス、ファブリシオ、杉本。

・名古屋戦同様、不安定な序盤。
・あわやという場面を作られるも、西川のセーブに救われる。
・札幌での最後の試合ということで小野伸二がサブに控える中、複数点のリードで終盤に伸二を出したい札幌は妙な力みがあり空回り気味。
・浦和の内容もピリッとしない前半。スコアレスで折り返し。
・後半は浦和が押し気味に試合を進める。
・CKから、マウリシオの折り返しが相手に当たりペナ内上空のルーズボールになりエヴェルトンがヘディングでゴールポスト根本付近に決めて先制。
・ここ数試合、勝ち切れていない中、2点目を積極的に取りに行くが、これが相手のカウンターを誘発することに。
・左サイドにカウンター気味に侵入され、クロスを弾くのが中途半端になりルーズボールを決められ同点に。
・71分 長澤→ファブリシオ。
・81分 武藤→杉本。興梠がシャドーの位置に。
・89分 宇賀神→森脇。
・交代カードは今一つ機能せず、大きな見せ場を作れず試合終了。

三戦続けてのドローという何とも微妙な結果に。追いつかれての同点は勝点2を失った感が強い。

この日のうちに旭川に移動する旅程。
夕食はJRタワー内の根室花まるで寿司。貝類、マグロの炙り系がイケていた。

旭川へは特急ライラックで。
8時前にはホテル着。この日はおとなしくホテルで部屋飲み。

選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:プラクティスシャツ2014

以降は試合日翌日以降の記録。

8月11日

旭山動物園

青葉でラーメン

特急大雪で北見へ
北見で焼肉、四条ホルモン


8月12日

美幌峠

摩周湖は霧で見えず
硫黄山

そば道楽 かしわそば

釧路湿原へ細岡展望台

泊地の網走へ
喜八で夕食


8月13日

天に続く道

知床観光船 途中で波高く引き返してきたのは残念

羅臼 濱田商店 絶品海鮮丼

摩周湖 リベンジ

津別峠

女満別空港から千歳へ

千歳でえびそば 一幻

JL530便で新千歳発 羽田に帰着23時

北見と女満別でゲットした赤いサイロ

 

 

| | コメント (0)

参戦の記録 ホーム 名古屋戦

明治安田生命J1リーグ 第21節
2019年8月4日(日) 19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-2(前半1-2) 名古屋グランパス
得点者 2分 和泉竜司(名古屋)、25分 前田直輝(名古屋)、45+2分 興梠慎三、90+3分 関根貴大
入場者数 37,238人
審判:家本政明
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C


猛暑の中、ビール祭り。
帰りの運転は家族に任せて、キルケニーを2杯。
自制しないと何杯でも入って行ってしまう暑さ。

先発は
GK 西川
DF 岩波、鈴木、槙野
MF 橋岡、柴戸、青木、関根
FW 武藤、興梠、ファブリシオ

サブは、福島、宇賀神、山中、長澤、エヴェルトン、杉本、汰木。

鹿島とのミッドウィークでの試合があり中三日。
猛暑の中の連戦でのコンディションの差が気になる。

・立ち上がりからパスミスで相手にボールを渡しCKを与え、こぼれを完璧な形で押し込まれいきなりビハインド。
・最近、この手の展開が多い。
・相性の悪さ満載の前半。全く良いところなく、完璧なショートカウンターを食らい2失点目。
・劣勢の中、拠り所は名古屋が前節、2-0から同点に追いつかれているという展開のみ。
・藻掻いている中での前半ロスタイム、関根・武藤で右サイドを無理やり打開し、武藤がファーで待つ興梠にクロス、頭でしっかり決めて前半のうちに1点を返す。これが大きかった。
・後半は相手が落ちて浦和ペース。攻めるが効果的な崩しは少なく、相手に守りのペースが生まれかける。
・61分 橋岡→山中。関根を右に回し左に入る。
・67分 柴戸→長澤。
・76分 ファブリシオ→杉本。
・攻めの布陣を整えるが打開できない。
・ロスタイム、山中のクロスに合わせえたのは逆サイドから侵入していた関根、頭で。

同点で試合終了。
前半2失点ではホームでも流石に引き分けが精一杯。

相手との絶対的な違いを出せないもどかしさ。
今年はこのような展開と我慢してお付き合いしないといけないのかな。

選手ユニ:ホーム
自分の服装:プラクティスシャツ2014

 

| | コメント (0)

2019.08.03

参戦の記録 ホーム 鹿島戦

明治安田生命J1リーグ 第16節
2019年7月31日(水) 19:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半0-0) 鹿島アントラーズ
得点者 77分 伊藤 翔(鹿島)、88分 興梠慎三
入場者数 37,265人
審判:西村雄一
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C


月曜日に梅雨明け。
梅雨明け十日の猛暑の中で迎える鹿島戦。

鹿島とは今後カップ戦でこの試合以外に5回対戦する可能性が。
良い内容で勝っておきたい試合。

半休を取り酷暑のスタジアムへ。
事前抽選の先発組の列の中でも開場直前に倒れる人が出ていたし。

平日開催ながら好カードで人の出足は良い。子ども、学生が目立つ。

先発は
GK 西川
DF 岩波、マウリシオ、槙野
MF 橋岡、青木、エヴェルトン、関根
FW 長澤、興梠、武藤

サブは、福島、宇賀神、山中、阿部、ファブリシオ、杉本、汰木。

スタメンは前節から出場停止のボランチ1名の入替え。サブは3人を入替え。
前節から少し時間が空いたことをうかがわせる。

POLASのユニ旗お目見え。大旗以外の地の部分は小旗で埋めて選手を迎え入れる。
やはり鹿戦のテンションは高い。

・こちらのキックオフだったがいきなりのパスミスでピンチを迎え、CKからの相手のヘディングシュートはバーを直撃。
・入りはバタつく。
・右サイドをカウンター気味に深くえぐり押し戻す。
・左の関根が好機を演出、走り込んだエヴェルトンに絶妙のグラウンダーでのクロスを送るも宇宙開発。
・ここからは互角の戦い。
・飲水タイムを取る酷暑の中、お互いに強度の高いサッカーを展開。
・HT マウリシオ→宇賀神。橋岡を右ストッパーに下げ、右関根、左宇賀神の布陣。
・後半序盤はどちらかと言えば浦和ペース。関根の崩しからの好機、長澤が足を出すも枠を捉えず。決定的だった。
・73分 関根→山中。右宇賀神、左山中に。関根はさすがに消耗していた。
・山中の裏を取り、そこからのクロスという攻めを繰り出す鹿島。
・1度目はGK正面。2度目はファーにずれて守備陣の対応が後手に回り失点。
・直後の78分にエヴェルトン→杉本。遮二無二攻める。
・崩しは山中の左サイドから。
・90分が迫る中、山中のクロスの放物線はファーで待つ興梠にピタリ。興梠のバースデーゴールで同点。
・ロスタイムは5分。勝ち越しを目指してボルテージが上がる。
・押し込むが最後のところで相手も必死にブロック。
・5分では時間が足らなかった。

終わってみれば引き分けは妥当な結果だが、ホームでの試合。
相手に勝点を与えたことは痛恨の極みだ。

 

選手ユニ:ホーム
自分の服装:2018ユニ(赤)30

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ