« 参戦の記録 アウェイ 磐田戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 »

2019.08.03

参戦の記録 ホーム 鹿島戦

明治安田生命J1リーグ 第16節
2019年7月31日(水) 19:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半0-0) 鹿島アントラーズ
得点者 77分 伊藤 翔(鹿島)、88分 興梠慎三
入場者数 37,265人
審判:西村雄一
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C


月曜日に梅雨明け。
梅雨明け十日の猛暑の中で迎える鹿島戦。

鹿島とは今後カップ戦でこの試合以外に5回対戦する可能性が。
良い内容で勝っておきたい試合。

半休を取り酷暑のスタジアムへ。
事前抽選の先発組の列の中でも開場直前に倒れる人が出ていたし。

平日開催ながら好カードで人の出足は良い。子ども、学生が目立つ。

先発は
GK 西川
DF 岩波、マウリシオ、槙野
MF 橋岡、青木、エヴェルトン、関根
FW 長澤、興梠、武藤

サブは、福島、宇賀神、山中、阿部、ファブリシオ、杉本、汰木。

スタメンは前節から出場停止のボランチ1名の入替え。サブは3人を入替え。
前節から少し時間が空いたことをうかがわせる。

POLASのユニ旗お目見え。大旗以外の地の部分は小旗で埋めて選手を迎え入れる。
やはり鹿戦のテンションは高い。

・こちらのキックオフだったがいきなりのパスミスでピンチを迎え、CKからの相手のヘディングシュートはバーを直撃。
・入りはバタつく。
・右サイドをカウンター気味に深くえぐり押し戻す。
・左の関根が好機を演出、走り込んだエヴェルトンに絶妙のグラウンダーでのクロスを送るも宇宙開発。
・ここからは互角の戦い。
・飲水タイムを取る酷暑の中、お互いに強度の高いサッカーを展開。
・HT マウリシオ→宇賀神。橋岡を右ストッパーに下げ、右関根、左宇賀神の布陣。
・後半序盤はどちらかと言えば浦和ペース。関根の崩しからの好機、長澤が足を出すも枠を捉えず。決定的だった。
・73分 関根→山中。右宇賀神、左山中に。関根はさすがに消耗していた。
・山中の裏を取り、そこからのクロスという攻めを繰り出す鹿島。
・1度目はGK正面。2度目はファーにずれて守備陣の対応が後手に回り失点。
・直後の78分にエヴェルトン→杉本。遮二無二攻める。
・崩しは山中の左サイドから。
・90分が迫る中、山中のクロスの放物線はファーで待つ興梠にピタリ。興梠のバースデーゴールで同点。
・ロスタイムは5分。勝ち越しを目指してボルテージが上がる。
・押し込むが最後のところで相手も必死にブロック。
・5分では時間が足らなかった。

終わってみれば引き分けは妥当な結果だが、ホームでの試合。
相手に勝点を与えたことは痛恨の極みだ。

 

選手ユニ:ホーム
自分の服装:2018ユニ(赤)30

|

« 参戦の記録 アウェイ 磐田戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参戦の記録 アウェイ 磐田戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 »