« 参戦の記録 アウェイ 札幌戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 »

2019.08.16

参戦の記録 天皇杯3回戦 水戸戦

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 3回戦
2019年8月14日(水) 19:00キックオフ・ケーズデンキスタジアム水戸
浦和レッズ 2-1(前半0-0) 水戸ホーリーホック
得点者 53分 ジョー(水戸)、65分 ファブリシオ、81分 ファブリシオ
入場者数 8,537人
審判:佐藤隆治
天候:曇のち晴
交通手段:車
参戦者:N、K、C

5日間の北海道遠征の翌日がもう天皇杯。

車で初めてのケーズデンキスタジアムへ。

駐車場はサイズ小さめの第6駐車場に駐車。

ゴール裏は高さがなく向こうのゴールが遠く見える。
昔の万博以来の芝生斜面。
天皇杯でしか体験できない代物。

先発は
GK 西川
DF 鈴木、森脇、橋岡
MF 岩武、柴戸、阿部、山中
FW マルティノス、ファブリシオ、汰木

サブは、福島、岩波、エヴェルトン、柏木、荻原、関根、杉本。

真夏の連戦、フィールドプレイヤーは完全ターンオーバー。

・前半は相手のプレーの強度が高く、思うように展開できない。
・引いて来て球を受けたがるマル。それは起用意図と違うプレーだろう。
・岩武はJ2相手に前を向いてまともにプレーできない。ズタボロの右サイド。
・西川のセーブと相手シュートの精度難がなければ失点していただろう前半。
・毎度、夏場の天皇杯は内容より結果という試合に。

・後半は前半よりも落ち着いて球回し出来てきたが、ペナ内で森脇が強めのチェックをファールに取られPKを献上し決められ0-1。
・これで目が覚めたのか俄然、攻め始める。
・55分 岩武→関根。出さずに神戸戦に臨みたかったが、仕方がない。
・関根の入った右サイドが活性化。ようやく前を向いてプレーしたマルティノスがドリブルで仕掛け、混戦からPKをゲット。
・ボールを抱えて自分で蹴る意思を示すもこの前のプレーの時から杉本への交代の表示。蹴らせることなく交代。
・64分 マルティノス→杉本。
・PKはファブリシオが完璧に決めて同点。
・ここから相手の動きが落ちてきて、浦和ペースに。
・78分 汰木→柏木。
・動きの落ちた相手にスペースと時間を与えてもらった柏木が攻撃を構成。
・ペナ内に侵入した関根にパス、関根は寄せてきた相手と交錯、PKの判定。
・ファブリシオが同じコースに完璧に決めて2-1。
・ロスタイム5分。2度の相手CKで相手キーパーが上がる。
・一度目はドンピシャのヘディング、ポストのわずか外にそれる。
・二度目は混戦からシュートがポストを叩く。危ない危ない。
・3度目のCKを跳ね返したところで試合終了。

何とか4回戦進出。内容に文句を言うまい。

駐車場からは意外とすんなり出られ11時前には帰宅。

選手ユニ:赤・白・白
自分の服装:プラクティスシャツ2014

|

« 参戦の記録 アウェイ 札幌戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参戦の記録 アウェイ 札幌戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 »