« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯3回戦 水戸戦 »

2019.08.16

参戦の記録 アウェイ 札幌戦

明治安田生命J1リーグ 第22節
2019年8月10日(土) 14:03キックオフ・札幌ドーム
北海道コンサドーレ札幌 1-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者 57分 エヴェルトン、68分 鈴木武蔵(札幌)
入場者 35,531人
審判:高山啓義
天候:屋内
交通手段:飛行機、地下鉄
参戦者:N、K


観光トップシーズンでの札幌遠征。
前日夜入りの便で札幌入り。

金曜日の薄野の夜は去年に引き続き、ゆるり家。
ジャガイモのバター煮で北海道に来たことを実感。

試合当日は朝カレーでスタート。深夜から朝10時まで営業のシャララ。

雨がパラつく不安定の天気の中、ドームへ。
河合竜二の引退試合等の集客イベントを組んだ試合。ホームの人たちの出足も早い。

田畑、永井、啓太、桜井と浦和に縁のある選手多数の引退試合。
試合前のサッカーのイベントは悪くない。

中川大志のトークのイベント中に新チャント3つの練習。
試合にもすべて使用。

先発は
GK 西川
DF 岩波、マウリシオ、槙野
MF 宇賀神、青木、エヴェルトン、関根
FW 長澤、興梠、武藤

サブは、福島、山中、阿部、森脇、マルティノス、ファブリシオ、杉本。

・名古屋戦同様、不安定な序盤。
・あわやという場面を作られるも、西川のセーブに救われる。
・札幌での最後の試合ということで小野伸二がサブに控える中、複数点のリードで終盤に伸二を出したい札幌は妙な力みがあり空回り気味。
・浦和の内容もピリッとしない前半。スコアレスで折り返し。
・後半は浦和が押し気味に試合を進める。
・CKから、マウリシオの折り返しが相手に当たりペナ内上空のルーズボールになりエヴェルトンがヘディングでゴールポスト根本付近に決めて先制。
・ここ数試合、勝ち切れていない中、2点目を積極的に取りに行くが、これが相手のカウンターを誘発することに。
・左サイドにカウンター気味に侵入され、クロスを弾くのが中途半端になりルーズボールを決められ同点に。
・71分 長澤→ファブリシオ。
・81分 武藤→杉本。興梠がシャドーの位置に。
・89分 宇賀神→森脇。
・交代カードは今一つ機能せず、大きな見せ場を作れず試合終了。

三戦続けてのドローという何とも微妙な結果に。追いつかれての同点は勝点2を失った感が強い。

この日のうちに旭川に移動する旅程。
夕食はJRタワー内の根室花まるで寿司。貝類、マグロの炙り系がイケていた。

旭川へは特急ライラックで。
8時前にはホテル着。この日はおとなしくホテルで部屋飲み。

選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:プラクティスシャツ2014

以降は試合日翌日以降の記録。

8月11日

旭山動物園

青葉でラーメン

特急大雪で北見へ
北見で焼肉、四条ホルモン


8月12日

美幌峠

摩周湖は霧で見えず
硫黄山

そば道楽 かしわそば

釧路湿原へ細岡展望台

泊地の網走へ
喜八で夕食


8月13日

天に続く道

知床観光船 途中で波高く引き返してきたのは残念

羅臼 濱田商店 絶品海鮮丼

摩周湖 リベンジ

津別峠

女満別空港から千歳へ

千歳でえびそば 一幻

JL530便で新千歳発 羽田に帰着23時

北見と女満別でゲットした赤いサイロ

 

 

|

« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯3回戦 水戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯3回戦 水戸戦 »