« 参戦の記録 ルヴァンC ホーム 仙台戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 »

2020.02.26

参戦の記録 アウェイ 湘南戦

明治安田生命J1リーグ 第1節
2020年2月21日(金) 19:03キックオフ・Shonan BMW スタジアム平塚
湘南ベルマーレ 2-3(前半1-2) 浦和レッズ
得点者 7分 石原直樹(湘南)、39分 興梠慎三、42分 レオナルド、65分 山田直輝(湘南)、85分 関根貴大
入場者数 13,071人
審判:佐藤 隆治
天候:晴
交通手段:車
参戦者:N、K

リーグ初戦はアウェイ湘南。

試合内容がピリッとしない印象のスタジアム、しかも苦手な金J。

平塚への道程は山手トンネルが少し渋滞しただけ、2時間弱で寒川南ICから平塚へ。
平日ということでキックオフ3時間前でも公園内の駐車場に空きあり。


いつもはキツキツのゴール裏だが(チケットは完売とはいえ)そこは平日、導線の悪さからの入場時の混乱はあれど、それなりにゴール裏に収まる。


先発は
GK 西川
DF 橋岡、岩波、鈴木、山中
MF 関根、柏木、柴戸、汰木
FW レオナルド、興梠

サブは、彩艶、槙野、荻原、長澤、青木、マルティノス、伊藤

日曜日のルヴァン仙台戦から杉本→興梠の変更のみの先発。
杉本はサブにも入らず代わりに長澤のサブ。

日曜日の構成はカップ戦用というわけではなかったらしい。

湘南アウェイはいつも赤ユニだがこの日は黒ユニ。

・仙台戦とは打って変わり、押し込まれた展開で始まった序盤。
・右ワイドで張る相手を自由にしてしまうミスマッチを修正できず、良質のクロスを入れられる。
・7分にそのパターンから石原に決められて先制される。
・前半のほとんどの時間帯、修正が効かず、同じパターンで脅かされるが相手の精度に救われる。
・徐々に押し戻し左から汰木を相手DFの背後に走らせ打開を図る。
・山中から汰木を走らせ、折り返しを興梠が一度は止められるも押し込み同点。
・相手が修正しきれずにいる中、左CKからのこぼれを山中がフリーでもってクロス、ファーで待つレオナルドが頭で決めて逆転。
・途中までの展開ではとても考えられなかったが逆転で前半終了。
・後半は前半の悪い部分の修正が効いて安定した戦いを展開。
・だが右サイドからクロスを入れられ、DFの間から頭で決められて同点。
・すぐ後にVAR発動で鈴木がハンドを取られ、PKを献上。これをバーに当ててくれて事なきを得る。
・76分 柏木→青木
・76分 汰木→マルティノス
・交代して入った選手が効いて流れは浦和に。
・マルティノスが相手とのヨーイドンに勝ちフリーで右サイドの関根に。
・関根はPA内に侵入し、混戦の中、左足でGKの手の先に流し込み勝ち越し。
・89分 山中→槙野。相手が指宿を入れていたための空中戦対策。
・危なげなくロスタイム5分を乗り切り、久しぶりのリーグ戦勝点3をゲット。


2点取られるのがデフォルトだが、平均で4点を取る攻撃力は昨年には無かったもの。
勝癖を付けていきたい。



翌日からの三連休は伊豆方面に旅に出るため、自宅には帰らず。
夜食は平塚駅近くの老郷本店でタンメン。優しい味でしみじみと勝利のうれしさを噛みしめる。


勝利は良いものだ。

選手ユニ:黒・黒・赤
自分の服装:2018ユニ(赤)30

|

« 参戦の記録 ルヴァンC ホーム 仙台戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参戦の記録 ルヴァンC ホーム 仙台戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 »